2022年 秋の交通安全キャンペーン

Posted 2022年9月18日

志木ニュータウンまちづくり懇談会は,令和4年秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)にあわせて,“隗より始めよ”を合い言葉に,志木ニュータウン内を走行する際に,

1 自動車は,制限速度30㎞/hを守ります

2 横断歩道付近に歩行者がいるときは一時停止します

3 自転車は歩行者ファーストで走行します

のキャンペーン第6弾を行います

ポスターはコチラ(PDFリンク)

春から,屋外掲示板にもポスターを掲示
させていただいています。

事件や事故が起きる背景には

 交通事故ではありませんが,2022年9月に静岡県牧之原市で通園バスの中に園児が取り残されて,熱中症で亡くなるという痛ましい事件が起きました。

人が亡くなるほどの事件が起きるのは,悪条件が重なった結果のことが多いと思いますが,今回の静岡県の事件では,バスに乗っていた園児が6人と少人数で,運転手を含めて2名も大人が同乗していた上,最新の登園システムを導入していたにもかかわらず事件が起こったことに衝撃を受けました。

誰にとっても不幸な出来事で,事件が起きてからのショックがあまりにも大きく,その前にもうちょっとなんとか出来ていたらよかったのに,と思わずにはいられません。

「1件の重大事故の裏には29の軽微な事故と300件の怪我に至らない事故がある」というハインリッヒの法則をご存知でしょうか?

イギリスの損害保険会社に所属する統計分析の専門家だったハインリッヒは,工場の労働災害の調査結果から,上述の法則を導き出したと言われています。数字については,別の学者が計算した数値もあるようですが,重大事故の背景に数々の予兆があるという考え方は,現在でも各業界の安全対策で教えられます。

おそらく,園バス内で起きた園児の熱中症死の前には,いくつかのヒヤリハットが起こっていたかもしれません。

ヒヤリハットの段階で,情報を共有し,自分だけでなく身近な周囲にも気をつけてもらうことが出来るよう,失敗を口にだせる組織であれば,事故は減るのではないかと思いますが,事故の起きた職場はどうだったのでしょうか?

今でも,失敗すると責められることがあるため,まだヒヤリハットから学ばない職場もあるように感じます。

ヒヤリハットの段階での報告を簡単かつ本人が責められない仕組にしないと情報は共有されないでしょうし,本人がつらい上,周囲も本人を気遣って報告をためらうようになる場合もあると思います。「失敗しても,オープンにしてくれてありがとう!」,「みんなが失敗する前に気づかせてくれて有難う!」という文化になるといいのになあと思います。

今回の事件をきっかけに、埼玉県狭山市の武蔵野短大付属幼稚園で,車内に取り残された園児がクラクションをならし,自分がまだ車内にいることを周囲に知らせる訓練を行ったとのニュースを見ました。 ふだんは触ったことのないバスのクラクションを,手で押したり,座っておしりでならしたりして,楽しく訓練している園児と保護者の様子が映っていました。当事者が,現場が,出来る人が,やりたい人が,楽しく出来ることをする。みんなでやれば何かが変わるかもしれませんね。

引き続き,皆さまのご協力をお願いいたします。

“まずは「隗より始めてみませんか?」”

志木大橋の歩道に,自転車からおりて通行するよう促す表示がつきました。
このわかりやすさに感動!
志木大橋は車道の幅も狭いのでバイクや自転車での走行も自動車での走行も注意が必要です。