防災施設見学会に参加しました

Posted 2018年6月16日

6月16日(土)、志木ニュータウン町内会連合会防災委員会主催の「防災施設見学会」に参加してきました。当日は天候にも恵まれ、志木ニュータウンの各街区から合計32名の参加がありました。一行は、午後1時30分に集合し、まず、志木駅東口地下駐輪場の一角にある
市備蓄倉庫を防災危機管理課の案内で見て回りました。主にはアルファ米や乾燥がゆなどの食料のほか、チェーンソーなどの機材や毛布などの資材も備蓄されていました。各小学校にある避難所の防災倉庫のバックアップ的な位置付けだそうです。当HP防災の「備蓄品リスト」のページに具体的なリストが記載されています。  
その後、幸町を経由して、志木ニュータウンに向けて徒歩で移動し、途中、西原ふれあい第二・第五公園のマンホールトイレ、防火水槽や志木消防団第二分団の消防自動車車庫などの見学しました。

最後に館第一排水ポンプ場を視察しました。このポンプ場は、志木市館地区・幸町地区と新座市大和田地区の雨水をカバーしているそうです。市民体育館の地下及び周辺にある調整地に一旦集水し、柳瀬川にポンプで排水する施設です。調整池の機能も含め時間50mmの雨に対応できる施設との説明がありました。

この後、中弐の集会所で、防災危機管理課と社会福祉協議会から防災に関するご講演をいただき、午後5時30分に閉会し、大変有意義に半日でした。詳細な報告書が後日防災委員会で作成され、このHPに掲載される予定です。

参加者 川崎(中参・HPWGメンバー)

Tagged on: